ニュース&コラム
フランスのワイン言えばボルドーが有名!

フランスのワイト言えばボルドーというくらい知名度が高いですよね。そしてもうひとつ、ブルゴーニュも有名です。

ボルドーもブルゴーニュもフランスワインの名産地として有名ですが、作られるワインには大きな違いがありそれぞれ特徴があります。

今回はボルドーで作られるワインについて説明していきたいと思います。

ボルドーは、フランスの南西部に位置する地域で、主に長期に熟成して作られる赤ワインが有名です。

ボルドーで作られたワインは、ぶどうの品種をひとつに絞らずに複数種類の品種をブランドして作られていきます。

どの品種のぶどうをどのくらいの割合でブレンドするのかは、ワインを生産する醸造責任者に委ねられることとなり、それぞれのワイン醸造所によって特徴があります。

主に使用されるぶどうの品種は、

・カベルネソーヴィニヨン
・カベルネフラン
・マルベック
・プティ・ヴェルド
・メルロー

などで、完成したワインは、はっきりとした味わいと渋みが強いのが特徴で、熟成度合いによっては香りがよくなったり、渋みが抑えられたりします。このようにボルドーで作られるワインは、香りとワイン独特な渋みが特徴のワインとして世界中の人々に愛されているのです。