ニュース&コラム
フランスワインの特徴(アルザス編)

今回はアルザスワインの特徴とぶどう品種について紹介します。

ワインが好きな方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

■アルザス地方について

アルザス地方は、フランス北東部に位置し、ライン川を挟んでドイツとの国境に接する場所にあります。ドイツ文化の影響が色濃く残っており、ブドウ品種やボトルの形などドイツワインとの共通点も多いです。フランスワインの中でもアルザス独自のスタイルを持つ数多くの素晴らしいワインを輩出しています。

 

■アルザスワインの特徴

アルザス地方で生産されるワインの9割以上が白ワインです。その大半を辛口が占めますが、ほかにも、甘口の白ワインやクレマン・ダルザスなどのスパークリングワイン、ピノ・ノワールから造られる赤ワインなど、少数ながら優れたワインも産出されています。


■アルザスワインの主な品種

アルザスワインには、「リースリング」「ゲヴュルツトラミネール 」「ピノ・グリ」「ミュスカ」という代表的な4つの品種があります。また、ピノ・ブラン、シルヴァネールといった個性豊かなブドウ品種が栽培されています。

 

Bistrot Lucci(ビストロルッチ)では、フランス産ワインと美味しい料理をご用意しております。

契約農家からの食材の仕入れによりこだわりの素材を使用しております。

お一人様歓迎ですので、是非お気軽にお越しください。

ご予約はこちらから