ニュース&コラム
日本の食材もワインに合います!~梅干し・山椒・ポン酢~

ワインといえば、生ハムやチーズなど
洋風のものや輸入食材をイメージすることが多いかもしれません。
フルーツやハーブ、スパイス、ナッツなどの
香りの高いものともワインはよく合います。
また、日本の食材のなかにも、ワインと合うものはたくさんあるのです。


①梅干し
 昔ながらの塩分が高い梅干しは、酸味と塩分が強いために
 相性としては少し難しくなりますが、塩分5~13%程度の柔らかい梅干しは
 ワインの酸味と好相性です。


②山椒
 山椒にはかんきつ類の香り成分である「リモネン」が含まれています。
 それによってワインの酸味や柑橘系の香りとよく合います。
 ピリッとした刺激は料理のアクセントとして有名な山椒ですが、
 ウナギだけに使うのではもったいない食材です。

③ポン酢
 柑橘類の酸味はワインとの相性がよく、ポン酢を使うことで
 単にしょうゆや塩で味付けするよりも、ワインの酸味を調和して
 いっそう合わせやすくなります。


Bistrot Lucci」は、
カジュアルにフレンチとワインを楽しんでいただけるお店として
今までにも、みなさまから沢山のご満足のお声をいただいております。

食事が何よりも好きなかた
食事に癒しとくつろぎを求めるかた

ぜひ弊店の料理をご賞味ください。

ご予約はこちらよりお待ちいたしております。